NEWS RSS



梅雨明けまでもうすぐ!レモンとライムカラーのサングラスケース

これからの時期に湘南地区では必須のサングラスケース、3配色追加いたしました。レモンとライムを絞ったような爽やかな色彩です。ブルー同様に内側にはパリで購入した生地を縫い合わせています。 地紋には、涼やかな波の文様です 先日アップしたばかりのグリーンと金箔のペンダントをコーディネイトすると素敵ですよ!

Continue reading



新作・サングラスケース

サングラスケースが出来上がりました。裂地は連花唐草紋です。 この裂地はもともと正倉院宝物のフエルト状織物を描き起こしたものです。大きな流れを表現したかったので壁面装飾としてはこちらよりも大きく文様をえがきました。その後に小物創作のため全体を縮小し唐草も描き変えて紋紙を作り直して広幅織機で織っていただいていました。今年に入って現在の複雑な織機でのお仕事が困難になってきたとご連絡をいただき、現在仕掛かり中の黄色グラデーションは少し様子が変わりそうです。それも人の手を介した仕事としてありがたく受け入れさせて頂きたいと思います。 そう考えますと、手元にあるブルーグラデーションの裂地は二度と同じものが作れないということになったのです。この織物は地紋に波を描きましたが、本当にキラキラして美しいんです。 織物の世界も待ったなしで様変わりしていく時代の波の中、現在の最高の技術で創る美しいものを残し、新しい挑戦を楽しみながら、職人さんやご縁のあるみなさまに感謝し、大切に一つづつ丁寧に作品として仕上げていきたいと思います。 そして、柑橘を絞った時に爽やかな風を感じるようなレモンとライムカラーの新色が織りあがってきました。 新しくAWAIカラーとして絹糸から染めていただきました。京都で撥水加工まで施していますので、安心していろいろなインテリアや装飾品に展開できます。 さて〜まずはサングラスケース から始めますが、3配色ともに景色が違うのでそれぞれの特徴をいかせる作品にしていきたいですね。    

Continue reading



小満 贅沢ちらし×加賀鳶ペアリングの夜

昨夜は数々の不思議なご縁によって繋がっている友人の会社設立5周年で、代表のご主人さまのペアリングを楽しみながら、オンラインお祝いの会でした。 sioの贅沢ちらしは、牛肉、うに、いくら、数の子や野菜の数々、そして五味を補完し相乗効果をもたらすペアリングの日本酒は、福光屋の加賀鳶 山廃純米 超辛口。 「天平鳳凰花唐草」の墨地青竹色でお祝いの会にふさわしく、これ一枚でも華やかなテーブルになりました。 この季節は緑が心に優しいですね。    

Continue reading



葵祭

下鴨神社の御神紋である双葉葵。5月に行われる「葵祭」は平安時代から続くお祭りで、双葉葵の葉を飾った御所車でねり歩きます。神と人を結ぶ草として古来より大切に守られてきた和の紋様です。 AWAIをスタートした早い段階で選んだのが、この双葉葵。 どこか旅先や出張先で少しの時間がある時、感覚的に楽しそうな方向へただひたすら歩いていく習性があって、その土地の空気や風を感じたいと思う。どこに辿り着くかは自分でもわからない。そんな時間がとても楽しい。 なぜ京都が好きかと問われたら、このふわふわと何かに導かれて歩いていると、京都では楽しい出会いや発見がとにかくたくさん!あるからかもしれない・・・ 下鴨あたりも大好きなエリアで、またここに来て歩いていると思うことがよくあります。今年も葵祭は中止ですが、来年はきっと!楽しみに待ちましょう。  

Continue reading



藤紫

例年4月末から5月に入る頃に鎌倉では藤の花が見頃となりますが、咲き始める時期がますます早くなってきているように感じます。 「天平鳳凰花唐草」紫根で染めた糸で紋様を織り上げてもらったものが手元に一枚だけあります。 5月はアヤメも咲き始め、新緑の中にある紫の美しさが際立つ季節になりました。 自然のエネルギーを家の中にも取り入れた生活をすると、全てがスルスルと動き始めますよ。紫根染めは他のものと一緒に出来なかったのでサイト上ではオープンにしていませんが、ご興味ある方はContact usでお問い合わせくださいませ。 ツヤをあげた漆の美しさが秀逸の雫に満月が映り込むと、そこには小さな宇宙を感じることが出来ます。素敵な1日を。  

Continue reading


English
English